スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手札構築型カードゲーム【雇われギルド】紹介(第一回)

4/28に開催されるゲームマーケット2013春において、当サークル3D6は2作品を
頒布します。今回はその一つ【雇われギルド】について紹介させて頂きます。
ヘッダー2

手札構築型カードゲーム【雇われギルド】紹介(第一回)

「余に戦争を見せてみよ!」
平和な大陸に、狂王の命が下りました。

貴方は勅命を受けた若き傭兵団長となって国中から人材を雇い入れ、軍団(ギルド)を結成して戦争に臨みます。


【ゲームの概要】

【雇われギルド】は、3~4人用のトリックテイキング(互いにカードを出し合い、その強弱で勝敗を決めるゲーム)を主体としたカードゲームです。

プレイヤーは傭兵団の長となり、傭兵(=カード)を購入して自身の手札を構築します。構築した手札から同時に一枚ずつカードを場に出し、互いに出したカードのパワーを比べ合います。
最も高いパワーのカードを出したプレイヤーがそのラウンドの勝者となり、勝利点を獲得できます。
これを手札が無くなるまで繰り返し、より多くの勝利点を獲得することがゲームの目的となります。

【ゲーム進行】

1、ゲームに使用するカードを決定し、ひとりずつ順にカードを選択(購入)して5枚の手札を構築する。
  なお、カードを購入するためのリソースはプレイの順番によって異なる。

2、親役のプレイヤーがカードを表向きで出す。他のプレイヤーはカードを裏で出す。

3、全員のカードを表向きにし、その強弱を比較する。

4、勝者は場に出たカードを獲得し、カードに描かれた分の勝利点を得る。勝者が次の親となってカードを表で出す。

5、2~4を繰り返す。

これを繰り返し、手札がなくなった時点で勝利点を清算します。その後プレイ順を入れ替え、カードの購入からゲームを再開。
プレイ順が一巡した時点でゲーム終了です。

【ゲームのメカニズム】

上記の通り、シンプルなシステムのゲームです。インストに10分、実プレイも15~30分前後で終わるものとなっています。ですが、当然それだけのゲームではありません。
このゲームを構成する、2つの特徴について説明させていただきます。

≪手札の構築≫

カードには特殊な効果がありますが、ゲームごとに使用するカードが異なるため、特殊効果の有用性はゲームの都度変動します。
そのため「今回のゲームにおいて」優先的に手札に加えるべきカードをチョイスする必要があります。

ネット用広告(雇われ)4

ですが、この際プレイヤーに二つの制限が発生します。

■「コスト」と「枚数」という制限

まず、カードにはそれを手札に加える為に必要なコストが存在します。上に表示している2枚であれば「5」点のリソースを消費しなくては手札に加えることができません。一方プレイヤーに与えられるリソースは有限であり、なおかつその時のプレイ順によって変動します。当然ですが、原則としてコストとカードパワーは比例します。手持ちのリソースに合わせて、購入する手札を検討する必要があります。
切り札となりうる強力なカードを一枚選ぶか、そこそこの強さを持つカードを複数枚揃えるかはプレイヤー次第です。

また、場にあるカードの枚数は有限です。たとえば、最大のコストとパワーを持つカードは場に1枚しか存在しません。カードの購入する順番も考えなくてはなりません。

≪カードの特殊能力≫

カンのいい方はお気づきかと思いますが、このゲームにおいて全てのラウンドで勝利することは(大抵のトリックテイキングがそうであるように)不可能です。
コストとリソースがある以上、すべての手札を高いパワーを持つカードで構築することは出来ません。
このゲームで重要となるのは、いかに「上手く勝ち」「上手く負けるか」です。

このゲームには、「上手く負けるため」に場に出すカードが複数枚存在します。

ネット用広告(雇われ)3
赤い○の中に描かれたトロフィーを見てください。左の「騎士」のトロフィーには「1」とあります。これは、カードを出し合って勝利したプレイヤーの勝利点を「+1」するという意味です。
一方、右の「間者」カードのシンボルマークは赤く染まっています。
このシンボルに書かれた「-1」とは、勝者の勝利点を「-1」するという意味なのです。
「負けるが勝ち」のカードと言ってもよいでしょう。

相手が切り札を出すと踏めば、「間者」のようなカードを。
そこそこの強さを持つカードを出すと踏めば、とっておきの切り札を。
「間者」のようなカードを出すと踏めば、あえて弱いカードを出す。

この「読み」がゲームの醍醐味となります。

とはいえ、ゲームの処理自体は場に出たカードの強弱を比較するだけであり、シンプルなゲームであることに違いはありません。
手軽に息抜き程度の気持ちで遊んでいただきたいゲームです。

【最後に】

「雇われギルド」第一回の紹介は以上となります。
次回は「ヒロインズ×ロワイヤル」の概要を紹介する予定です。

また、次々回以降の更新では「雇われギルド」のコンポーネントについてより詳しく解説させて頂く予定です。

ではでは!

【ヒロインズ×ロワイヤル】同時作成中!
バナー2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ゲームマーケットでの取りおきは可能でしょうか

はじめまして、よろずゲームサークル「全ファミ協会」主催の支部長と申します。

28日開催のゲームマーケットにて、取りおきが可能であれば
貴サークルの「ヒロインズ×ロワイヤル」と「雇われギルド」をそれぞれひとつずつ
取りおきをお願いいたします。

とても楽しそうなゲームなので、期待しています!

Re: ゲームマーケットでの取りおきは可能でしょうか

はじめまして、支部長様。

なんと嬉しい申し出でしょうか!
「ヒロインズ×ロワイヤル」と「雇われギルド」をそれぞれひとつずつ取りおき致します。
当日、お待ちしております。

No title

さっそくの返答ありがとうございます!
グラフィックといいシステムといい自分好みなので、楽しみです。
それでは、当日の午前中にうかがいますね!
Twitter
Profile

うずら

Author:うずら
TRPGやカードゲーム、ボードゲームでたくさん遊びましょう!

Topics
Comment
Category
Counter
3D6へのお問い合わせ
ゲームのルールについてのご質問は、最新記事のコメント欄へお願い致します。
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。